未分類

明日が来るのが嫌ではなくなった(フリーランス・働き方)

投稿日:

フリーランスになって、以前と変わったことは、明日が来るのが嫌ではなくなった

ということです。

明日が来るのが嫌ではなくなった

フリーランスになる前、僕は20-30までアルバイトでミュージシャンになるために頑張っていたのですが、

バイトがほんとに嫌でした。

清掃、テレオペ、飲食、ウエイター、シェアハウス管理人、データ入力、一般事務など職を転々としてて、

バイトが休みの日はライブ

みたいな生活をしていたのですが、とことん私はバイトが嫌いで、明日が来るのが嫌でたまりませんでした。

フリーランスになって、明日が来るのが嫌ではなくなった

今好きなことを仕事にしたということもあり、明日が来るのが嫌ではなくなりました。

私は

ブロガー

ブログ講師

音楽家

音楽講師

など、いろいろな仕事をしています。

ほとんど休みはないし、寝てる以外は働いてますが、別に区ではありません。

思いきり疲れたら寝て、明日起きてまたずーっと仕事する

そんな感じです。

明日が来るの嫌だ!と親に話したとき

仕事して給料がもらえるのはありがたいんだけど、俺仕事好きじゃないんだよねー

音楽やってる時間が一番好き。

みんなどうなの?日曜日から月曜日になるの嫌じゃないの?

みたいな感じで親に25歳くらいのとき話したら

みんなそうだけど、頑張ってるんだから

って母が言いました。

みんなそうだから、嫌なこと我慢して頑張んなきゃいけないの?

俺、やだー。

親のこの言葉が、夢叶える闘争心に火をつけてくれたと思います。

20代の頃、日曜日が終わる夕方18時頃、ちびまる子ちゃんが始まった頃から

明日の仕事のこと考えて、恐怖で飲むんです。

で、恐怖を忘れるために飲み過ぎて、月曜日の朝から二日酔い出勤。。。

今考えると、これをずーっと続けていたら、楽しいこととか何もわからないまま、一生終わってた気がしないでもないです。

今のままで、いいですか?

やっぱり、好きなことを仕事にすると、あの時頑張ってよかったってほんとに思います。

-未分類

Copyright© フリーランスで月収10万円を30万円にするコツ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.