フリーランスのヒント

前日に急な翌日の仕事を受けない【フリーランス・働き方】

投稿日:

前日に急な翌日の仕事を受けないようにしています。

 

前日に急な翌日の仕事を受けない

私のパートナーも音楽家なのですが、レッスンの前日の夜遅い時間に急な譜面書きの仕事を引き受けていて、

それについて違うんじゃないかと言いました。

レッスン前日に急な譜面書きの仕事を受けた場合、

地方でコンサートやってて帰るのが明日になってしまうので対応が難しい

というふうに伝え、

急な仕事の対応を回避することがよくあります。

急な翌日の仕事を受けない

急な翌日の仕事を受けない理由は2つあります。

クライアントが調子にのる

調子に乗るという言い方はよくないかもですが、前日に対応してあげると

「ああ、対応してくれるんだな」

って思わせてしまいます。また同じことを頼まれてしまう可能性があります。

クライアントがこちらが準備にどのくらい時間かかるかを知らない

譜面をちゃんと書くのは、曲にもよりますが、集中して1時間半くらい掛かることがあります。

ただ、クライアントは、プロが準備にどのくらいの時間を掛けることができるかをわかってません。

譜面ならすぐに用意できるくらいに思ってる可能性があるので、

ここをすぐに対応しないことで、対応には時間掛かることを無言アピールしています。

芸術
英会話
スポーツ

など、目に見えないもののスキル提供する際の相場は生徒さん側にはわかりません。

しかし、そこを向こうの都合や言い分に寄り添いすぎてしまうと、自分のプライベートがどんどん搾取されてしまいます。

結局ストレスになります。

昨日はパートナーとの久しぶりの時間だったにも関わらず、そういった対応をしていたので、注意をした次第です。

フリーランス1年目とか、はじめのうちは仕事が無いからついなんでもやってしまいがちですが、

仕事の引き受けかたなどは、しっかりと自分の中でルールを作っておくといいです。

noteやってます!

noteの方も、よかったらシェアお願いします。

-フリーランスのヒント

Copyright© フリーランスで月収10万円を30万円にするコツ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.