フリーランスのヒント

音楽のレッスンでブログを使うメリット

更新日:

書道
お茶
ピアノ教室
パソコン教室
ダンス
英会話
バレエ

など、フリーランスで個人レッスン系の仕事をされる際もブログを書くことはおススメです。

ブログをレッスンで使いまくる

私は楽器の講師をやっています。

音楽理論とか、ちょっと小難しい理論の話をするときもありますが、

生徒さんがよくわかってなさそうなときは

じゃあこれ見といて

といってブログのURLを送っておきます。

生徒さんがURLに書かれた記事を見ることで、生徒さんの理解が深まるというメリットが生まれます。

実はこれは生徒さんが講師のブログにアクセスしてくれるというメリットが生じます。

ひとりだけの生徒さんの閲覧だったら大したことないかもしれないですが、

5名の生徒さんが見てくれたら5アクセス(5PV・5ページビュー)です。

で、ニッチジャンルの説明系の記事は一般ウケはないですが、ひとりひとりのページの滞在時間が長くなります。

複数が長い時間自分のページを見てくれることでグーグルからの評価を得やすくなり

結果、上位検索される可能性が上がります。

事例で挙げたタイトルには

キーワードに関して詳しくはこちらに書きました。

キーワードを「2つ」意識した、検索されやすいブログのタイトルの例

その結果

生徒がブログを見る

ブログの検索順位が上がる

入会率が上がる

生徒が質問する

それをネタにブログ書く

生徒がブログを見る

ブログの検索順位が上がる

入会率が上がる

といういい流れになります。

生徒(クライアントさま)の質問はぜんぶブログネタ

私は、生徒さん(クライアントさま)ひとりの質問は100人同じ疑問を持ってる人が居ると思ってます。

これは以前の記事

「自分には当たり前でも他人には当たり前ではない【ブログネタがないときの対処法】」

自分には当たり前でも他人には当たり前ではない【ブログネタがないときの対処法】

でも書きましたが、

生徒が

「ストラップの長さどうすればいいですか」

といったらストラップの長さなついての記事を書くし

「アンプのツマミはどういじればいいですか」

といってきたら、アンプのツマミに関しての記事を書きます。

生徒の質問はぜんぶブログネタにできます。

そして、自分の得意分野で生徒に答えた内容が読まれていつの間にか上位になっていることもあるので、嬉しいものです。

レッスン講師をされている方は、ぜひブログを書くことをオススメします。思考も整理されるし、メリットだらけですよ(^^)

-フリーランスのヒント

Copyright© フリーランスで月収10万円を30万円にするコツ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.