ブログの書き方のコツ

冒頭に「いちばん伝えたい内容(結果)」を持ってこよう(読まれる文章)

更新日:

冒頭に「いちばん伝えたい内容(結果)」を持ってくると、ページ滞在時間を伸ばせる可能性が高いです。

冒頭に「いちばん伝えたい内容(結果)」を持ってこよう

生徒さんの文章です。

ダイエットをしてリバウンドしてしまうのは

脳の働き的に明確な理由があります。

ダイエットをしている方は、今努力している事プラスαで取り組まれるのを推奨いたします。

特に、あともう少しで目標なのに中々届かない!て方にオススメ。

私はこの方法で、あと一歩の体重を2日で落としました。自分でも不思議。

なりたい体重、マイナス5㎏と思いこむ。

アファメーション的な考え方です。

と、あります。

ダイエットでリバウンドするのは脳の働きが関係している

というのを、この方が伝えたかったのでしょう。

私ならこう書きます。

 

【冒頭文】

今よりマイナス5キロ落としたいと思うことで

本当に5キロ痩せることができます。

【見出し】
思うだけで痩せるってほんと?
【本文】
そもそもダイエットをしてリバウンドしてしまうのは

脳の働き的に明確な理由があります。

みたいな感じで説明していきます。

「説明→結果」でなく、「結果→説明」

生徒さんの文章の例だと、

ある程度説明してから結果を述べています。プレゼンとかならこれでもいいかもしれませんが

サイトの文章は、欲しい情報が載っていないとみんなすぐ他のページを検索します。

そのため、「結果」つまりいちばん伝えたいことは冒頭に書いておくといいです。

講師の文章例

後日書き直します

ちょっと難しいかもしれませんが、

冒頭文でその後読まれるかどうかが8割型決まるといっても過言ではありません。

タイトル同様、わかりやすく端的な冒頭文を用いましょう。

ブログ執筆のご参考になれば幸いです。

-ブログの書き方のコツ

Copyright© フリーランスで月収10万円を30万円にするコツ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.