ブログの書き方のコツ

冒頭で写真を入れるだけで読み手の理解が7割増し(ワードプレス・文章)

投稿日:

冒頭で写真を入れるだけで読み手の理解が7割増します。

冒頭で写真を入れるだけで読み手の理解が7割増し

例1

(タイトル)私が回転寿司に行かない理由

(本文)私は回転寿司に行きません。

その理由はいろいろありますが、ひとつづつ説明したいと思います。

まず単純に味が悪いです。

(タイトル)私が回転寿司に行かない理由

(本文)私は回転寿司に行きません。

その理由はいろいろありますが、ひとつづつ説明したいと思います。

まず単純に味が悪いです。

例2

(タイトル)なぜ一流は牛丼チェーン店に行かないのか

(本文)一流の企業社長は牛丼チェーン店やマックに行ったりしないようです。なぜなのか検証しました。

まず単純に味が悪いです。

(タイトル)なぜ一流は牛丼チェーン店に行かないのか

(本文)一流の企業社長は牛丼チェーン店やマックに行ったりしないようです。なぜなのか検証しました。

まず単純に味が悪いです。

 

どっちがいい感じがしますか。

私は冒頭に写真がある方がいいって思ってて、記事を書く時は冒頭文に写真を入れるようにしています。

冒頭で写真を入れるだけで読み手の理解が7割増すと考えます。

7割増しの効果

文があって写真があると、読み手にイメージを沸かせやすいからです。

タイトル)「ベーシストの練習のやり方」

(本文)ベーシストの効率の良い練習を書きます。

まず、メトロノームに合わせてテンポ40で左手の人差し指をカールさせるイメージで。。。

↑テキストだけだと、なんだかよくわかんないですよね。

(タイトル)「ベーシストの練習のやり方」

(本文)ベーシストの効率の良い練習を書きます。

 

こんなふうに写真があると

あー音楽のベーシストのことね
この人が練習の仕方を説明してるのね

っていうのを、考える前に脳が勝手に判断してくれます。

(タイトル)ファミレスでなく、高級レストランにあえて月一で行く理由

(本文)ファミレスでなく、高級レストランにあえて月一で行く理由は、セルフイメージを高められるからですよ

高いものをあえて食べることで気持ちが高揚し。。。

って書いてあるより

(タイトル)ファミレスでなく、高級レストランにあえて月一で行く理由

といきなり高級そうな料理の写真がある方が

あーなんかたまには贅沢すること大事だよなあ

って、文章なくても思わせてくれる気がしませんか。

冒頭に写真があると読み手がイメージを持って文章を読んでくるれるから

読み手の理解が7割増しになります。

タイトルに関係ある画像を

冒頭文に入れる画像はタイトルに関係あるものにしてくださいね!

タイトルに

「寿司」

って書いてあるのに冒頭の写真がこれだったら

もう何が言いたいかわからない文章になってしまいますから。

 

日々の執筆のご参考になれば幸いです。

今回使った写真は、photoACさんの無料のものを使わせて頂いてます。
https://www.photo-ac.com/

-ブログの書き方のコツ

Copyright© フリーランスで月収10万円を30万円にするコツ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.