ブログの書き方のコツ

ブログアクセスアップのコツ。「誰に伝えたいか」を明確にする

投稿日:

説明系のブログを書くのであれば

「誰に伝えたいか」

を明確にしましょう。

「誰に伝えたいか」を明確にするとアクセスが集まりやすいです。

「誰に伝えたいか」を明確にするとアクセスが集まりやすい

「その分野を知らない人」

に、

「わかりやすく」

書かれているブログが、アクセスが集まりやすいです。

こちらは私の別のブログで、累計40000ページビュー以上ある記事です。

「ルート音って何?!」ラーメンに例えてみました!

内容は音楽の奏法の専門用語に関する記事なのでよくわからないと思いますが

音楽の用語を身近な食べ物(ラーメン)に例えることで、親しみがわくというご感想をけっこう頂いてます。

ターゲットは、楽器をはじめて演奏しようとしているひとですが、わからない人も親しみを持ってくれており、結果文末まで読まれています。

生徒さんの実例

生徒さんが書いてくれた文章です。

タイトル:苫米地式コーチング用語 詳細解説①アファーメーション

本文:肯定的な断言をすることで個人的な「誓約」をする事。

具体的に「~したい」と繰り返し唱える事で現実を作り出す。

毎日繰り返し言葉にすることが大切ですが、“間違ったアファーメーション”をしないように

纏めたいと思います。

《アファメーションの基本ルール》

・一人称で肯定的な表現〜

中略

 

検索エンジンでは、基本的にタイトルがひっかかりますね。

これだと、タイトルの「苫米地式コーチング」で検索するする人は居ますが、

私は「苫米地式コーチング」を知らないし、世間のみんながそこまで知っているものではないと思います。

「苫米地式コーチング」で検索する人は、その分野の専門の方だと思います。

専門の方だったら、ここに書いてあることはそもそも知ってますので、

全く意味をなさない記事です。

生徒さんへのアドバイス

「苫米地式コーチングをやってどうなったか」

と生徒さんに尋ねたところ

「やせました」

「どうやって痩せたの?」

「アファーメーションって言う考え方をすることで、体重が落ちたんです」

とのこと。

なので、以下のようなタイトルを提案しました。

「ダイエットは脳内も影響⁉︎やせるための考え方とは?」

これだったら、ダイエットに失敗しまくっている人にも響くタイトルだと思いませんか。一般層でもとっつきやすいと思います。

まとめ

「誰に伝えたいか」

「その分野を知らない人」

「わかりやすく」

書かれているブログが、アクセスが集まりやすいです。

日々の執筆の参考になれば幸いです。

-ブログの書き方のコツ

Copyright© ブログの教科書 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.